オフィス移転にかかる費用について

subpage1

企業が諸事情によりオフィス移転を行う場合には様々な費用が生じることになり、計画をする場合には資金の準備とともに内容に関しても理解をしておくことが必要になります。

最高の日本経済新聞の有益な情報のご紹介です。

まず、旧オフィスに関係する内容があります。オフィス移転では、新しいオフィスに関係する内容の他に現オフィスに関係する内容が生じることになり、ここでは、主に、原状回復に対しての費用が中心となります。
原状回復では、借主の故意や過失によって賃貸物件になんらかの影響がある場合には借主に責任が伴うことになり、退去を行う場合には修繕や修復を行ってから移転をする必要があります。
通常、原状回復に関しては、オフィスを賃借する場合に取り交わされる契約約款に内容が記されている場合がほとんどとなっており、実際に行う場合にはここでの条項に沿って行い、引渡を行う場合には、必ず借主か、委託を受けている管理者の確認を受けることがトラブル防止のためにも重要になります。

新オフィスに関係するものとしては、まず、契約に関係する内容があります。


オフィス移転では、最初に物件契約を行う必要がり、ここでは、不動産業者に支払う仲介手数料と貸主に支払う預託金が必要となります。



金額に関しては物件ごとに違いがありますが、一般的には、それぞれ家賃の1ヵ月分以下、家賃の数ヵ月分以下と定めてあることが多く、事前に確認をしておくことが必要になります。
次に、物件に合わせた内装工事や設備工事に関する費用があり、他に、新オフィスへの移転に必要となる引越し費用や、これまでに使用した備品などに対する産廃物廃棄費用も必要になります。