オフィス移転費用で忘れがちな点

subpage1

オフィス移転は企業にとって、大イベントです。
特に、比較的大人数のオフィスであれば、担当者は時間がいくらあっても足りないくらいでしょう。



また、一般の引っ越しとは違い、オフィス移転ならではの費用が発生しますので、注意する必要があります。


今回は、オフィス移転費用で忘れがちな点について記載します。

オフィスレイアウトのデザインのお役立ちコンテンツ満載です。

一般の引っ越しとは違い、オフィス移転では、LANケーブルなどの配線の工事などが発生します。
特に、オフィスの景観と安全性の観点から配線を隠す工事がされることが多いと思いますが、それらは、目に見えないためイメージしにくく、費用計上から漏れてしまう可能性があるため注意が必要です。

無線LAN機器の配置なども行われる場合がありますので、その点も考慮しておきましょう。また、様々な備品や機器類の代金のほかに、搬入や設置にかかる費用の見積もりも必要です。さらに、パソコンなどの機器類を買い替える場合、産業廃棄物として廃棄する必要があるため、産業廃棄物処理費用の発生を見積もっておくことも大切です。
オフィスを移転する場合、古い事務所の原状回復作業が必要な場合がほとんどだと思われます。

その際の支出は保証金と相殺されますが、保証金の金額で賄いきれない場合は、差額を支払う必要があります。

人気のあるNAVERまとめの有益性の紹介です。

そして、引っ越し作業の運搬などで、家屋を損傷させてしまった場合の責任と負担についても確認しておくことも重要です。

移転金額は安く済んだが、使いづらいオフィスで、仕事の効率が下がった、となってしまうと元も子もありません。そのためにも、しっかりした準備と計画が大切です。